貸借対照表
平成28年3月31日現在
(単位:円)
科目
当年度
前年度
増減
Ⅰ 資産の部      
  1.流動資産      
    現金預金 8,727 4,383 4,344
       流動資産合計 8,727 4,383 4,344
  2.固定資産      
 (1) 基本財産      
   基本財産有価証券       30年国債 47,000,000 47,000,000 0
       基本財産合計 47,000,000 47,000,000 0
 (2) 特定資産      
   国際グリム賞他積立資産 46,324,310 47,652,156 -1,327,846
      国際グリム賞他積立資産 普通預金 18,324,310 19,652,156 -1,327,846
      国際グリム賞他積立資産 30年国債 8,000,000 8,000,000 0
      国際グリム賞他積立資産 オリックス4年社債 20,000,000 20,000,000 0
       特定資産合計 46,324,310 47,652,156 -1,327,846
 (3) その他固定資産      
     建物 1 1 0
       その他固定資産合計 1 1 0
       固定資産合計 93,324,311 94,652,157 -1,327,846
       資産合計 93,333,038 94,656,540 -1,323,502
Ⅱ 負債の部 0 0 0
Ⅲ 正味財産の部      
 1.指定正味財産 0 0 0
 2.一般正味財産 93,333,038 94,656,540 -1,323,502
(うち基本財産への充当額) 47,000,001 47,000,001 0
(うち特定資産への充当額) 46,324,310 47,652,156 -1,327,846
      正味財産合計 93,333,038 94,656,540 -1,323,502

貸借対照表に関する注記
 実施事業資産は、次のとおりである
基本財産有価証券 30年国債  43,570,000円
特定資産有価証券 30年国債  8,000,000円
特定資産普通預金        18,324,310円
特定資産有価証券 4年社債    20,000,000円


正味財産増減計算書
平成27年4月1日から平成28年3月31日まで
(単位:円)
科目 当年度 前年度 増減
Ⅰ 一般正味財産増減の部      
 1.経常増減の部      
 (1)経常収益      
     ①基本財産運用益
561,780
1,123,941 -562,161
     ②特定資産運用益 146,906 285,991 -139,085
経常収益計 708,686 1,409,932 -701,246
 (2)経常費用      
    ①事業費 1,435,486 1,047,661 387,825
   ⅰ国際グリム賞支援 1,076,938 1,047,661 29,277
           a 支払負担金 1,000,000 1,000,000 0
           b 通信運搬費 4,198 3,223 975
           c 消耗品費  243 3,034 -2,791
           d 租税公課  70,625 39,372 31,253
           e  雑費  1,872 2,032 -160
   ⅱ高校生国際科学会議への支援  358,548 0 358,548
    a 支払負担金 350,000 0 350,000
    b 通信運搬費 466 0 466
    c 消耗品費 27 0 27
    d 租税公課  7,847 0 7,847
    e 雑費 208 0 208
   ⅲ その他事業費 0 0 0
    ②管理費 596,702 49,955 546,747
   ⅰ会議費 6,224 3,712 2,512
   ⅱ通信運搬費 2,328 1,609 719
   ⅲ消耗品費 270 3,034 -2,764
   ⅳ租税公課 80,378 40,328 40,050
   ⅴ雑費 1,302 1,272 30
   ⅵ修繕費 506,200 0 506,200
経常費用計 2,032,188 1,097,616 934,572
当期経常増減額 -1,323,502 312,316 -1,635,818
 2.経常外増減の部      
   当期経常外増減額 0 0 0
  当期一般正味財産増減額 -1,323,502 312,316 -1,635,818
   一般正味財産期首残高 94,656,540 94,344,224 312,316
   一般正味財産期末残高 93,333,038 94,656,540 -1,323,502
Ⅱ 指定正味財産増減の部      
  当期指定正味財産増減額 0 0 0
Ⅲ 正味財産期末残高 93,333,038 94,656,540 -1,323,502

貸借対照表及び正味財産増減計算書の附属明細書

1.基本財産及び特定資産の明細
(単位:円)


区分

資産の種類

期首帳簿価額

当期増加額

当期減少額

期末帳簿価額

基本財産

有価証券30年国債

47,000,000

    0

    0

47,000,000

建物

1

    0

    0

1

基本財産計

47,000,001

    0

    0

47,000,001

特定資産

有価証券30年国債

8,000,000

    0

    0

 8,000,000

普通預金

19,652,156

    0

1,327,846

18,324,310

4年社債…

20,000,000

    0

    0

20,000,000

特定資産計

47,652,156

    0

1,327,846

46,324,310

(記載上の留意事項)
・ 基本財産及び特定資産について、財務諸表の注記に記載をしている場合には、その旨を記載し、内容の記載を省略することができる。
・ 重要な増減がある場合には、その理由、資産の種類の具体的な内容及び金額の脚注をするものとする。

2.引当金の明細
 なし
    (記載上の留意事項)
・ 期首又は期末のいずれかに残高がある場合にのみ作成する。
・ 当期増加額と当期減少額は相殺せずに、それぞれ総額で記載する。
・ 「当期減少額」欄のうち、「その他」の欄には、目的使用以外の理由による減少額を記載し、その理由を脚注する。
・ 引当金について、財務諸表の注記において記載している場合には、その旨を記載し、内容の記載を省略することができる。